投資信託

アクティブ型投資信託『AB米国成長株』Dコース(為替ヘッジなし)はどうなのか?聞いてみた

毎月分配型(決算型)の投資信託は定年後の老後資金として人気があります。年金だけでは足りるのか?足らなくても資産形成できなければ収入の範囲内で生活しなければなりません。

先日たまたま読んだ雑誌に『毎月分配型(決算)の投資信託』が人気である!との記事を読み投資に詳しい方に聞いてみました。

(自分で調べてから)

結論から言いますと

信託報酬が1.727%と高めではあるものの投資対象としては『あり!』だと判断しました。

コンシェル

信託報酬率が1.727%ということは100万円分運用すれば年間17,270円が手数料として引かれるって事です。

JIn

ベンチマークはS&P500株価指数を超えるリターンを目指しており過去のトータルリターンを見ても悪くありません!

運用先は

出典:auカブコム証券より

https://s20.si1.kabu.co.jp/ap/PC/InvInfo/InvTrust/FundDetail?fundcode=39312149

世界的に有名であり成長をし続けている米国市場の代表銘柄に投資しています。

債券に70%組み入れて運用する毎月分配型投資信託もありますが、投資はやはり成長している企業に投資することが王道です。

AB(アライアンス・バーンスタイン)の『米国成長株投信Dコース(為替ヘッジなし)』について

AB(アライアンス・バーンスタイン)の『米国成長株投信』には4つのコースがあります。

・Aコース(為替ヘッジあり)

・Bコース(為替ヘッジなし)

・Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型

・Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型

コンシェル

毎月の分配金は必要なくて複利で再投資したい方にはBコースがおすすめです。

今回は毎月決算型の予想分配金提示型の為替ヘッジなしについて追求していきます。

為替ヘッジ『あり』と『なし』の違いとは

今回の運用先は米国成長株です。通貨はUSD(米ドル建て)と為替の影響があります。

運用が上手くいき年間10%の利益が出た場合100万円は110万の含み益となりますが、為替が購入時よりも円高となった場合、利益は目減りします。

運用以外の為替についても考えないといけないのですが、面倒ですよね。全てプロに任せたいですよね。

結論を言ってしませば(為替ヘッジあり)はコストが高くなりリターンが落ちてしまいます。

↓より詳しく書かれている記事がありました。

投資信託の「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」、どう考えるのが良いか?https://media.monex.co.jp/articles/-/20454

本家サイトにも違いについて記載があります。

https://www.alliancebernstein.co.jp/uslcg/

為替ヘッジありのリスク

毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型とは

商品パンフレットには

出典:投資信託説明書(交付目論見書)アライアンス バーンスタイン

https://www.alliancebernstein.co.jp/files/rsv/US-GROWTH2_prospectus.pdf#page=17

予想分配金提示型とは基準価額に応じた分配を行なわれます。

基準価額と直近収益分配金

https://www.alliancebernstein.co.jp/retail/110492/

一番最近の決算日は2022年11月15日でした。

基準価額は10,233円でしたので、分配金は11,000円未満であったので本来であれば基準価額に応じた分配金であるので100円でも分配されて良かったのではないでしょうか。

この基準価額が10,000円を割っていれば出なかったかも知れません。

過去1年間の分配金履歴

出典:auカブコム証券

過去1年間の分配金を振り返ると、合計1400円の分配がありました。

これまでのチャートと基準価額の推移

過去1年間で切り取ると以下のようになります。

出典:auカブコム証券

基準価額は1年前の12,737円よりも下落しています。

10,233円(11/24)と約2500円相当下落していますが、トータルリターン(信託報酬の手数料が引かれた控除後)は-1.82%の目減りで済んでいるのは分配金を受け取っているからです。

期間を延ばして3年や5年で見てみれば・・・。すごいリターンです。

過去5年間を振り返ると成長していることがよく分かります。

リタイヤ世代でない現役世代であれば分配金は再投資した方がいいです。

以上の事から

毎月決算型のアクティブ型投資信託でもおすすめできる商品が出ていた事を知ったのはたまたま読んだ雑誌のおかげです。

これまでの毎月分配型投資信託は『購入手数料が必要』、『信託手数料が必要』でした。

そして元本を食い潰していく『タコ足配当』になっているのかいないのか?

などの問題点もありました。

最終的に基準価額が目減りしてしまっては元本割れの投資信託ということになるので。

今回気になったのはAB(アライアンス・バーンスタイン)の『米国成長株投信Dコース(為替ヘッジなし)』については運用先がS&P500株価指数を上回るリターンを目指しています。

コア(メイン)ではなくサテライト(サブ)として取り入れて見てもいいかも知れません。

※最終的には自己判断で行ってください。

ありがとうございました。

予想分配金提示型という仕組みでしっかりと利益が出ていなければ分配金が支払われません。

基準価額という元本をすり減らしてまで分配金を出さないのが評価できます。

JIn

元本減って分配金を受け取るのはタコ足配当です。分配金受け取って基準価額目減りしてしまっては本末転倒ですね。

コンシェル

デメリットはアクティブファンドならではの手数料ですかね・・・。信託報酬率は1.727%でした。

老後の年金+分配金として

基準価額によって分配金が出ない月もあるが、それはタコ足配当にしない事である。

またベンチマークがS&P500株価指数

アクティブファンド

海外に目を向けると日本にはないすばらしい商品が多々あります。

ABOUT ME
サラリーマンJINジン
管理人のサラリーマンJINジンです。株を10年で10倍にした軍資金で資産運用中。保険や株式、投資信託、先物・オプション取引に仮想通貨など自分に合う投資法を探求中。投資は長期(海外の生命保険など)、トレードは短期で株式投資や先物取引と使い分け。ブログの中では実際に経験したことを忘れない為とこれから始める人が運用で失敗しにくいようにとスタートしました。資産形成の最優先事項は減らさないこと!増やすのはその後です!
有料note一覧